yom. VOILA Magazine

VOILA COFFEE HOME
BUY Home
scroll
VOILA STYLE
tsugumi yotsumoto
tsugumi yotsumoto

旅とコーヒーと私 -2019年初日の出編-

2019年の始まりはどちらにいましたか?
私は鹿児島のすぐ隣、宮崎県にいました。
ここ数年、初日の出をカメラに収めるべく夜明け前に出発するのですが、今年は年明け前に鹿児島を発ちました。
(カウントダウンは車の中でした…)

私の車移動の旅に欠かせないのは、カメラとそしてコーヒーを淹れる道具。
時折別の器具も加わるのですが、コーヒーを淹れる器具で毎回持っていくのはコチラ。

右から

•Kalitaのドリップポット。
細くお湯を注げるのと持ち運びしやすいサイズ感。

•ポーレックスミニミル。
挽きやすく、コンパクト、アウトドアにオススメの美味しいコーヒーを淹れる為の必需品。

•アルポット。
アルコールランプ構造になっており、本体内部でお湯を沸かすので風にも強くて比較的安全に使えるスグレモノ。

•HARIO V60ウチマグ。
タンブラー。淹れたコーヒーをそのまま持ち運べる。ドライブ時にドリンクホルダーに入るので車移動の旅には欠かせません。

•KINTOコーヒーメジャースプーン
木製の可愛いフォルムに一目惚れ。同じ木目はないので自分専用というプチ贅沢を毎回感じられます。

•スマートドリップフィルター
一杯分のコーヒーをドリップできるフィルター。私はタンブラーに直接装着しています。淹れた後はゴミ袋へ。アウトドアだけでなく一杯分だけコーヒーを淹れたい時にも便利です。
時折、違う器具を持っていくのですが、
それはまた別の機会に。

初日の出を無事にカメラに収め、
お待ちかねのコーヒータイム。

一人分ずつゴリゴリと豆を挽いて...
スマートドリップフィルターにセットします。

アルポットはお湯が沸くのに少し時間がかかりますので
焦らずのんびり豆を挽けます♪

ドリップ!コーヒーの香りがふわりと漂います。
30秒蒸らした後は、のの字にドリップ。
抽出時間はだいたい3分前後。
i Phoneのストップウォッチ機能で時間を測ります。
コーヒーの粉がこんもりとドーム状に膨らむのは
いつ見ても楽しいですね。
抽出後は準備していたゴミ袋に
さっと移せば片付けも簡単です♪

コーヒーを淹れる間に、簡単に準備した
朝ごはんと一緒に頂きました♪
ドリップする間に意外となんでもできちゃいます。

お外で淹れるコーヒーはちょっと特別な1日を体感できる気がします。
(撮影中にカニが砂の中からひょっこりでてきました!)
2019年、みなさんの初めてのコーヒーはどこで飲みましたか?
今年も素敵な一年になりますように。

それではこのへんで

▼今回ご紹介しましたポーレックスコーヒーミルはオンラインショップでも販売中です♪

ポーレックスコーヒーミル商品購入ページ(VOILA COFFEE オンラインショップへ)

SHARE
BACK