yom. VOILA Magazine

VOILA COFFEE HOME
BUY Home
scroll
Enjoy! Coffee
miyuki iyatani
miyuki iyatani

KINTO(ステンレス)カラフェセット〜抽出器具によっての味わいの違い〜

同じお豆を使ったコーヒーでも、抽出する器具によって味わいや印象が違うことをご存知でしょうか?

おうちでコーヒーを淹れるとき、ペーパーフィルターを使ってドリップ(コーヒーメーカーやハンドドリップ)をされる方が多いと思います。

今回は、同じドリップでも、ペーパーフィルターを使った場合と、ステンレスフィルターを使った場合の味わいの違いをご紹介したいと思います。

現在、ヴォアラ珈琲で取り扱っているのは、KINTOのステンレスフィルターのカラフェセット。
こちらはドリッパーとサーバーがセットになっています。
見た目もオシャレで、プレゼントにも人気です。

ステンレスフィルターで抽出すると、ペーパーが吸い取るオイル分なども抽出するので、コーヒー豆の本来の味をダイレクトに感じることができます。

多くの風味個性を持つ、美味しいコーヒー豆を使用した場合、よりフレーバーを楽しめるのです。

ちなみに、あまり大きな声では言えませんが、雑味のあるコーヒー豆を使用すると、それも明確に出ます。

ごまかしのきかない抽出方法です。

見た目の違いとしては、ペーパーフィルターを通した場合に比べて、少し濁った感じになります。

ペーパーフィルターで抽出したコーヒーはペーパーフィルターが豆のオイル分を吸うのでスッキリとした味わいのコーヒーになります。

ステンレスフィルターで抽出したコーヒーはオイル分(オイル分の中にはコーヒーのうまみ成分が入っています)も抽出されるので、コーヒーの本来の味が抽出されます。

「じゃあペーパーフィルターでドリップするより、ステンレスフィルターの方が美味しいってこと?」

という質問もよく受けます。

「ペーパーフィルターのスッキリしたコーヒーの方が美味しいと思うわたしは間違ってる?」

 

いえいえ、そんなことはありません。

スッキリとした味わいが好みの方も、フレーバーをダイレクトに感じる味わいが好みの方もいらっしゃいます。

中には、朝はスッキリ飲むためにペーパーフィルターで、午後はしっかり味わうステンレスフィルターで、なんて方も。

個人的には、初めてステンレスフィルターで淹れた時は驚きました。
同じ豆なのに、違うコーヒーみたい!!

そして、そんなステンレスフィルターの味わいに衝撃を受け、見た目がオシャレでドリッパーとサーバーが一緒、受け皿もついていて、便利でかわいい!ということで、このカラフェセットを手に入れました!

休日のわたしのコーヒータイムは、朝ではなく午後のおやつに。
いろいろ用事を済ませた午後、コーヒーを淹れてのんびりとおやつを食べる。
こんな休日を過ごすのが幸せです。

みなさんも、自分好みのコーヒーを抽出できる器具を見つけると、今よりもっと楽しみな時間になるかも!

ぜひ、いろいろな器具を試してくださいね。

SHARE
BACK