yom. VOILA Magazine

VOILA COFFEE HOME
BUY Home
scroll
珈琲Library
junko arimura
junko arimura

自分好みのコーヒーの見つけ方

ホットで飲むコーヒーが一段とおいしい季節。

ヴォアラ珈琲にいらっしゃるお客様が、一年で一番多いのもこの時期です。

そんな中、特に初めて来店された方に「どうやって選んだらいいか分からない」という質問をよくいただきます。

 

ヴォアラ珈琲では、それぞれ風味個性を持つコーヒー豆を、常時12〜13種類くらい取り扱っています。

その中から自分好みの豆を探すのはとっても大変!!!かもしれません。

でもその過程こそ、楽しんでほしい。

そこで今回は、楽しくコーヒーを選んでいただくための方法をお伝えできればと思います。

店頭の価格表や、HPの豆紹介のページには【風味の特徴と印象】を載せています。

これは、新しい豆が店頭に並ぶ前には必ず、カッピング(ワインで言うテイスティング)をして、Voilaチームメイト全員の舌で感じた風味を文章にまとめたものです。

風味の感じ方は人それぞれなのですが、できるだけ皆さんがイメージしやすい表現になるようにこころがけています。

 

例えば、酸味はフルーツで表現することが多いです。

りんごや梨はやわらかい酸味、オレンジやライムなどのシトラス系はすっきりとした爽やかな酸味、

ベリーや赤い果実は芳醇な酸味、南国のトロピカルフルーツは華やかな酸味。

 

その他、甘みやコク、まろやかさも、チョコレートやはちみつ、黒糖など、質感の違う甘いものにイメージを重ねて言葉にしていきます。ハーブやスパイス、ナッツなども使い、風味を表現するためには限りがありません。

そして、品質の良いコーヒーほど、多くのフレーバーを感じやすくなります。

 

こちらを参考にしていただき、風味をイメージして、コーヒーを選ぶ。

ぜひ、お時間がある時にはお試しいただきたいです。

また、コーヒーを飲む時に、フレーバーを意識しながら味わってみると、好きな風味が分かるようになり、次のコーヒー選びの参考になるかもしれません♪

また、オンラインショップでは、まろやかコクスッキリフルーティーなど、風味をおおまかなタイプにに分けてご紹介しています。

店頭では、価格のポップの横に貼られている小さなポップを目印に、お選び下さい♪

コーヒーの美味しい酸味

店頭でお話をしていると、酸味が苦手!とおっしゃる方が、実は酸味のある、モカやケニアの豆を美味しいと選ばれることもあり、酸味のイメージのズレに気づくこともあります。嫌な酸味のイメージは、劣化して酸化した酸味かもしれません。

 

美味しいコーヒーの酸味は、甘く、フルーティで、芳醇に香り、スッキリと爽やか。

これに、コクや甘味が加わり美味しいバランスの良いコーヒーになります。美味しい酸味を知ると、楽しむ幅が広がり、コーヒーの世界が広がります。

 

皆さんとコーヒーを繋ぐ、キューピットになれたらなぁと、日々感じながら店頭に立っております。お時間があれば、ご試飲も♪コーヒー選びがより楽しくなりますように!

SHARE
BACK