yom. VOILA Magazine

VOILA COFFEE HOME
BUY Home
scroll
珈琲Library
miyuki iyatani
miyuki iyatani

冷蔵庫保存でOK?正しいコーヒー豆の保存方法

今回は、お客様からよく質問を頂く、お豆の保存方法について書いてみたいと思います。
ヴォアラ珈琲では常温のままの保存をおすすめしています。
(直接陽の当たらない、風通しの良い所)
ヴォアラの250g袋・1kg袋は、ジッパーで密封もできますし、光も通さないので、この袋のままの保存で問題ありません。

他の容器に移す場合も、密封できて、光を通さないものを選んでください。
ヴォアラオリジナルキャニスターもおすすめ!

そして、美味しく飲める期間は、
お豆のままだと1ヶ月
粉に挽いたら1週間から10日
です。
もし長期での保存になる場合は、一度に飲む量ごとに小分けにして、冷凍庫での保存がお勧めです。
(小分けにしないと、袋を開ける度に空気に触れて、結露ができてしまうので豆にとって良くないです。)
また、よく「冷蔵庫での保存で大丈夫ですか?」と聞かれますが、冷凍した方が、そのままの状態を維持しやすいのと、コーヒーは他のにおいを吸収してしまうので、特に冷蔵庫だと野菜などの他の食品のにおいを吸収していまい、せっかくの風味が損なわれてしまいますので、おすすめはしていません。

ちなみに

コーヒー豆は香りのカプセル

と、いつもオーナー・井ノ上が言うのですが、香りのカプセルを開けた瞬間(コーヒー豆を挽いた瞬間)が、香りのピークです。

美味しく飲んでいただける期間でも分かるように、豆の状態での保存がダントツおすすめです。

つまり、

豆のままで、美味しく飲める期間に飲みきれる量で購入していただき、

新鮮なコーヒーを淹れる直前に挽くことが美味しく飲んでいただけるコツ!!

 

ちなみに、各店舗で毎月行われているコーヒー教室・中級編(ハンドドリップ編)では、

何ヶ月も前に挽いた粉と挽きたての粉を同時に抽出し、比較(見た目、風味など)していただきます。

興味のある方は、ぜひご参加くださいね〜。

コーヒー教室の日程は、店頭のほかHPでも告知しています。

SHARE
BACK